鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

沿革

1982年10月 「国分病院」として開院(35床)
1983年10月 47床に増床
1984年4月 小児科開設
1985年6月 人工透析開始
 8月 51床に増床
1987年9月 113床に増床、「国分生協病院」に改称
10月 外科開設
1988年9月 全身CT装置導入
1998年9月 訪問看護ステーションこくぶ開設(関連施設)
1999年9月 デイケアいきいき(通所リハビリいきいき)開始
2000年3月 高速CT装置導入
4月 居宅介護支援事業開始
7月 129床に増床、療養病棟(39床)設置
2001年6月 生協ヘルパーステーションこくぶ開設(関連施設)
2002年10月 血管造影撮影装置導入
2003年10月 協力型臨床研修病院(管理型:鹿児島生協病院)に指定
2005年1月 日本医療機能評価機構の病院機能評価認定
6月 電子カルテ・オーダリングシステム導入
12月 通所リハビリ2単位化、
訪問看護・ヘルパーステーションこくぶ新築移転
2006年7月 マンモグラフィー導入
2007年5月 看護配置基準7:1取得
8月 経鼻内視鏡導入
2008年3月 CCU(循環器救急)輸番制開始
8月 64列マルチスライスCT導入
2009年4月 作業療法開始
2010年1月 日本医療機能評価機構の病院機能評価継続認定
4月

血液迅速検査機器導入

2011年7月

透析室2床増床 合計30床となる。 

2012年4月

言語聴覚法士の配置 

7月

標榜科の変更(名称変更+新規標榜)

内科・外科・小児科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・肛門外科・救急科・人工透析内科・糖尿病内科・リハビリテーション科 

3月

心肺運動負荷試験(CPX)検査機器が導入 

2013年7月

地域連携室発足(社会福祉士1名・看護師1名・ケースワーカー1名・事務担当1名) 

10月

透析室拡充工事(32床となる) 

3月

療養病棟入院基本料2→1へ 

2014年4月

 DPC対象病院

心大血管リハビリテーション施設認定

 

このページのTOPへ