鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

検査案内

胃カメラ

胃カメラ

胃カメラは口から内視鏡(ファイバースコープ)を消化管に挿入して、食道・胃および十二指腸の一部を直接観察します。
胃の粘膜を直接観察できるため、胃透視では分からない色の変化や細かい病気がよく分かります。
また、気になる病変があった場合は粘膜を削り取って病理診断(癌か否か)を行います。癌の早期発見に役立ちます。
胃癌は早期に発見できれば、開腹手術をするまでもなく、内視鏡を使って切除することもできます。
他にも消化管の出血を止めたり、食道・胃の異物やアニサキス(サバ虫)などの除去といった急性期の治療を行うこともできます。
苦痛を最小限にする工夫として、希望があれば注射の麻酔を追加いたします。
注射の麻酔を希望であれば醒めるまで1~2時間病院で休んでいただきます。しっかり覚醒されてから検査の説明はいたします。

 

このページのTOPへ