鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

検査案内

マンモグラフィ(乳腺X線撮影)

マンモグラフィ

マンモグラフィとは乳房のX線撮影の事です。乳房の組織は柔らかいため、専用の撮影装置を使って撮影します。
日本女性の乳がんが増えていますが、早期発見で90%以上の方が治癒するとも言われています。しこりとして触れない早期のうちに発見すれば乳がんは怖い病気ではありません。
当院では通常、上下方向と左右方向から押さえる撮影の2方向撮影を行います(必要があれば追加で撮影を行うことがあります)。乳房を圧迫して薄く均等にしながら撮影をすることで、乳房の中を鮮明に見ることができます。多少の痛みが伴うことがありますが、痛みが最小限になるように様子を見ながら圧迫していきます。より確かな診断のため、ご理解とご協力をお願いします。
しこりが触れるなどの症状がある場合にはすぐに来院された方がよいですが、生理前にはホルモンの関係で乳房が張って痛むことがあります。できれば、張りや痛みのない生理が始まって2〜3日以降に受けられることをお勧めします。

※最低でも2年に1度は乳がん検診を受けましょう。

マンモグラフィ検査

 

このページのTOPへ