鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

検査案内

骨密度測定

骨密度装置

 

骨密度の低下(骨粗鬆症:こつそしょうしょう)を診断します。骨粗鬆症とは骨組織の構造が変化し、骨が脆くなり骨折しやすくなった病態です。日本では約1100万人以上の患者がいると推測されています。若いとき(20~44歳)の平均骨量の20%減少までは正常、20%~30%を骨量減少、30%以上の減少を骨粗鬆症と診断します。骨粗鬆症による骨折の中で胸椎、腰椎の骨折や大腿頸部骨折は寝たきりの原因にもなります。また現代の食生活の変化や無理なダイエットによる骨密度の減少も問題視されています。骨密度を測定することにより、骨密度の減少を早期に発見し骨折の原因となる骨粗鬆症の予防や適切な治療を行うことができます。検査時間は5分程度です。

 

<正常な骨の状態、骨粗鬆症の骨の状態>

骨粗鬆症診断①
骨粗鬆症診断②

骨密度検査レポート