鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

小児科

1984年に小児科を開設し、以来小児科専門医が複数いる病院として外来診療や保健予防活動、入院治療を行ってきました。
現在は常勤医1名体制となりましたが、鹿児島生協病院小児科をはじめとする病院小児科との連携を行っており、重症でないケースでは入院治療もおこなっています。小児科外来は、一般小児科としてよくある病気をきちんと診断、治療すること、気管支喘息やアレルギー疾患などの慢性疾患を抱えるこどもたちの一貫した治療を行うこと、ワクチンや健診などの保健予防活動の三つを柱にしています。

神経(酒井医師)、内分泌代謝 (森田医師)、循環器(徳永医師)、腎(玉江医師)の専門外来も行っており、幅広い疾患に対応できます。
現在、常勤医が一人のため、時間外の対応は内科か外科の当直医の対応となりますが、小児科医へは電話相談できる体制をとっています。

医師紹介

sakai-isao

氏名 酒井 勲(さかい いさお)
入職 1992年
役職 外来主任医長
専門分野 小児科一般
認定医・専門医
所属学会
日本小児科学会
日本小児神経学会
日本てんかん学会
 

このページのTOPへ