鹿児島医療生活協同組合・霧島市国分中央にある国分生協病院。

お知らせ

院長交代のお知らせ

 

2014年4月1日より、当院の院長が吉見謙一医師から山下義仁医師に変更になりました。

ご挨拶

 

2014年4月よりDPC対象病院になります。

 

国分生協病院は、平成26年4月1日より厚生労働省の指定により「DPC対象病院」となります。これに伴い、入院医療費の計算方法が「出来高計算」から「DPC包括評価計算」へと変更になりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【これまで】

これまでは、盲腸で入院した場合、手術など入院中に行った行為をブロックのように「積み上げて」入院費を計算していました。

【4月1日以降の入院の場合】

手術料(他に胃カメラなどの検査、心臓カテーテル検査、リハビリ、人口透析など)はこれまで通りですが、それ以外は「盲腸」の病名によってあらかじめ1日当たりの点数が決められていて、そこにレントゲン料や検査料などの点数がまとめられて、それに入院日数をかけて計算することになります。

 

※ご不明な点は、国分生協病院入院事務までお気軽にお尋ねください。

 

国分生協病院「いのちの学習会」開催のお知らせ

 

【国分生協病院で医療倫理学習会(いのちの学習会)を開催します。】

 これからますます高齢化が加速し、多死社会を迎えるといわれています。終末期医療について患者の尊厳・意志、家族の思い、それに向き合う医療従事者の姿勢、ケアの在り方などを市民、医療従事者ともに考え学ぶ場として講演会を企画しました。

 

日 時:6月19日(水)14:00~16:00DSCN0221

場 所:国分シビックセンター 多目的ホール

講 演:医療倫理学習講演会「いのちの学習会」

     『生と死の間に寄り添う』

      ~プロフェッショナルナースが語るいのちの看護~

講 師:北村愛子氏

  (りんくう総合医療センター総看護師長)

  (急性・重症患者看護専門看護師)

  (過去にNHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にもご出演)

備 考:入場は無料です。ぜひお誘いあわせの上多くの

     ご参加お待ちしております。

お問い合わせは国分生協病院(0995-45-4806)

          中平(ナカヒラ)・西田(ニシダ)まで

          

 

 


5 / 9 ページ

このページのTOPへ